御魂ダンジョン周回がなかなか酷。

先週から土日を前にすると、「明日明後日の御魂御守りは何階いこうかな~」と考えるのですが、まだサービス開始早々なので行く階が安定しません。

しかし先ほど8階を組んだ方に、土日良ければ時間合わせて周回一緒にしませんかとお誘いをいただけたので、明日明後日は安心して8階を周回できることに('ω')これは嬉しい。

野良で7,8をやってるとよく友達登録を頂くのですが、こうやって約束を組ませていただいたのは初めてでした。

f:id:kuwankuwan:20170317164750p:plain

それにしても、普段からマルチに参加してても6~8階は不安定が付き物。

探索中心なので御霊はそこまでやりこむ方ではないんですが、エサがほしいときや特定の御霊を集めたいとき、御守りがあるときはやっぱり通いますよね。

 

そんな中で個人的に今張ってる参加ラインはこんな感じ。

・先手とれる兎(鎌鼬)がいる、座敷童がいる、絶対必須。

・アタッカー陣が1ターンで両脇の雑魚を落とせる。

・ヒーラー入れない。(入れても蛍草か海坊主)

・椒図は採用しない。

・清明で結界オンリーにしてる。※防御ダウンでもアリっちゃアリ。

 

6,7,8階共通でほぼこんな選定。

・まず先手とれない兎が入ってたらもはや兎の仕事を成せないため、ソロで兎がちゃんと先行できるか確認しておきたいところ。

座敷も必須キャラなので座敷、兎が欠けてる状態で二人に準備OK押されたら始める前に退出ポチ。

 

・アタッカー陣が1ターンで雑魚を落とせるかどうか。

これも結構重要で、1ターン+αで落とせないと結界溶けた後も殴られることになり得ます、とくに7,8階では個々の強さというよりアタッカー陣の順番の相性を見ます。

特に足の速い鳥使いさんは茨木使いと相性悪いので処理が遅れがち、大天狗も同様。

その相性の悪さを差し引いても処理が速いなら気にしないんですが、茨木はお荷物みたいなものになるし、茨木破勢の破壊力は生かしたいなぁ、と使ってるとやっぱり思っちゃいます。

相性の悪さは破勢が機能しないのでおれよえーに耐えれるかどうかですね。

 

・ヒーラーに関しては花鳥や恵比寿、桃のような純ヒーラーは不要。

基本的に上記のように1,2ステージはノーダメージで過ごすので、回復は不要。

特に椒図を入れられるとボスステージで座敷からの事故がありえるのでパス。

よくみる座敷が鍛えてない人ばっかりだった模様。(ゴホン

椒図の扱いに関してはどうも7Fや8Fで荒川さんや茨木の一撃を受けるのに採用するパターンも大いにあるようです。1ターンで落とさないこと自体が不思議だったし、それで安定するならダメってことはないかな?

 

ヒーラーいれて安定したPTでやりたい、という人はもちろんそれはそれでいんだけど、クリア時間かかるとなると限られた1時間半で周回できる数が減るので抜きでクリアできるのが理想。

 

・陰陽師は清明の結界オンリーが基本。

ただし1,2ステージの雑魚を清明の防御デバフ入れることで茨木ワンパンできるなら結構高速化になるので、その場合は防御ダウンもアリ。

神楽使いはちょっとよくわからない、よく見かけるけどメリットってなにがあるんだろう。

弓男は知らんけど育ててれば結構強そうだし神楽よりはずっと良さそう。

清明もボスステージでは初回結界で防ぐ以外無力みたいなもんですしね。

 

まぁ結局は自分が茨木使いなので、他のアタッカーの方との相性勝負なのが一番。

鳥とか大天狗PTだと順番なんて考えることもなく飛び回ればいいだけなんだろうけど。。。

茨木さんはお膳立てしてあげないと大した火力出せないのが欠点ですね。x。

破勢以外の御魂セットでも作っておくべきかなあ。。。

どうしても茨木の順が後ろになるなら無駄のないアミキリとかかな?

防御無視20%っていうのがよくわからないんですよねー、機能しない破勢よりはマシだろうけど、、、今度適当にそろえて試しに使うだけ使ってみるか。

 

あとはアタッカーに自信がない方、有用なキャラを持っていないという場合。

兎or座敷童をランク4程度まで育成して、ルームホストをしましょう。

座敷を使う場合、出来ればスキルレベルを上げておけるとベスト。

スキルレベルが低いようであれば、御魂に火霊セットを組み込みます。

あとは他2名にアタッカーを張ってもらえればなんとかなります。

同様にレベル低めの方もそれで行けるっちゃいけるんですが、レベルが低い=陰陽師が柔らかい、のでボス戦ですぐに落ちないかだけ注意が必要。

ヤマタノオロチはとどめを刺すと追加ターンを得るので次々なぎ倒される危険があります。

サポートだからと適当で、柔らかいまま行くと全滅のトリガーになってしまうので注意しましょう。

 

以上、御魂周回の最近の感想でした。